noimg

6/18(土)J1第16節・鹿島アントラーズvsジュビロ磐田 福島県児童・生徒ご招待のお知らせ

6月18日(土)に開催されるJ1第16節・鹿島アントラーズvsジュビロ磐田(19時キックオフ@県立カシマサッカースタジアム)で、「東北人魂を持つJ選手の会」(略称:東北人魂)が福島県児童・生徒の皆様を招待することになりましたのでお知らせいたします。

 

この招待は、鹿島アントラーズ所属の東北人魂・発起人(岩手県)である小笠原満男とジュビロ磐田所属の東北人魂・会員(福島県)である本田慎之介が他の会員選手(鹿島・遠藤康、柴崎岳、土居聖真、磐田・加賀健一、山本脩斗)と共同で企画立案し、鹿島アントラーズの協力により実施可能となりました。また、当日は試合後に児童・生徒と会員選手との交流時間を設ける予定となっております。

 

・J1第16節・鹿島アントラーズvsジュビロ磐田@県立カシマサッカースタジアム
・日時 6月18日(土)19時キックオフ
・ご招待する人数 合計105名
小学校:中央ドリマJSC(福島市)計39名(児童19名、引率の保護者・コーチ20名)
※磐田・本田慎之介の出身少年団であり、現在は福島第一原発事故の影響で屋外活動が制限されております。
中学校:福島市立岳陽中サッカー部(福島市)計46名(生徒37名、引率の保護者・教諭9名)
※磐田・本田慎之介の出身中学校であり、現在は福島第一原発事故の影響で屋外活動が制限されております。
高校:福島県立原町高校サッカー部(南相馬市)計20名(生徒17名、引率の教諭3名)
※福島第一原発事故の影響により、福島県立相馬高校(相馬市)と福島県立福島西高校
(福島市)の2校にサテライト校を設置。現在の部員は相馬高サテライト校に6名、福島西高サテライト校に1名在籍し、他の10名は他県へ転校しております。今回、この17名が一堂に会するのは震災後初となります。