i68

6/18 J1第16節 鹿島vs磐田 福島県児童・生徒ご招待レポート

6月18日(土)に開催されたJ1第16節・鹿島アントラーズvsジュビロ磐田で、鹿島アントラーズ所属の小笠原満男(岩手県)とジュビロ磐田所属の本田慎之介(福島県)をはじめとする東北人魂が、鹿島アントラーズの協力の下、福島県児童・生徒の皆さんを招待いたしました。


また試合後には他の会員選手(鹿島・遠藤康、柴崎岳、土居聖真、磐田・山本脩斗)も参加し、児童・生徒の皆さんとの交流時間を設けました。

招待した中央JSCの子供たちからプレゼントをもらう会員選手たち。

中央JSCの子供たちと記念撮影。子供たちは現在、原発事故の影響で屋外活動を制限されています。

福島市立岳陽中サッカー部の皆さんと記念撮影。彼らもまた原発事故の影響で屋外活動を制限されています。

福島県立原町高校サッカー部の皆さんと記念撮影。原発事故の影響で部員のうち、10名が他県へ転校し、今回震災以来初めて一堂に会しました。

福島県出身である本田慎之介。

本田のチームメイトであり岩手県出身の山本脩斗。

本田と共にこの招待を企画した小笠原満男(岩手県)。

この日プロ入り初先発でフル出場した柴崎(青森県)は、大人気でした。

いつも明るい遠藤(宮城県)は、中学生の皆さんにも大人気。

山形県出身の土居は、更なる飛躍を期待されていました。

この招待に関し、企画立案した本田は「今回、満男さんから声をかけてもらい、自分の出身少年団と出身中学、そして富岡高校時代にいつも練習試合をしていた原町高校のみんなを招待できました。またアウェイチームの選手にここまで協力してくれたアントラーズにも感謝しています」と感想を述べました。また小笠原は、「原発事故の影響で大変な思いをしている福島の子供たちにまたサッカーをする熱い気持ちを持ってもらえたら、と思います。そして原町高校のみんなにはこれからどこであろうと、がんばってサッカーをして欲しいし、いつかまた会えたらと思います。今日は逆にみんなから勇気をもらいました」と語りました。


今後も東北人魂では、同様の活動を行っていきたいと考えています。


※今回の招待に関して詳細は、こちらをご覧ください。