i19

東北人魂「鳥取プロジェクト」発足のお知らせ

本日、ガイナーレ鳥取所属の奥山泰裕が東北人魂「鳥取プロジェクト」を発足しましたのでお知らせいたします。

 

<鳥取プロジェクト発足の経緯>
宮城県多賀城市出身で東北人魂会員選手である奥山が、サンフレッチェ広島所属で東北人魂会員選手である髙萩洋次郎と協力選手である中島浩司が発足した「広島プロジェクト」の活動を知り、「自分も何かできないだろうか」と考え、地元の有志の皆様と「鳥取プロジェクト」を発足しました。このプロジェクトは東北人魂と全く同じ趣旨を持ち、内容も関連事業として、東北人魂の承認を受けながら実行されます。

 

<鳥取プロジェクト・チャリティーTシャツ販売>
鳥取プロジェクトも広島プロジェクトと同様にチャリティーTシャツの販売を実施します。売上は全て東北人魂の口座で管理し、売上金から製作費等の諸経費を除いた収益は、東北人魂の趣旨に基づき活動資金とさせていただきます。特に奥山の出身チームである塩釜FCをはじめ、東北の後輩たちがのびのびとサッカーを楽しめる一助になればと考えております。デザインについては、奥山の意見を取り入れ、鳥取県デザイナー協会会長の植木誠氏が担当します。

 

 

<販売方法/試合会場>
11月19日のJ2第36節・ガイナーレ鳥取 vs FC東京と12月3日のJ2第38節・ガイナーレ鳥取 vs 愛媛FCにて、とりぎんバードスタジアムで販売いたします。

※各試合 先着300枚(合計600枚)。
※価格は2,000円/枚。
※サイズ展開:150・160・S・M・L・XL

 

 

<販売方法/インターネット>
nesnoo(ネスノ)楽天市場店でも受注販売いたします(12月末まで受付・1月末一斉発送)。
※URL:http://item.rakuten.co.jp/nesnoo2/stg152/