noimg

活動継続のお知らせ

この度、東北人魂を持つJ選手の会(略称:東北人魂)では東日本大震災後1年間と限定していた活動期間を延長し、2012シーズンも活動を継続していくことを決定しましたのでお知らせいたします。

 

昨シーズンは様々な方から温かいご賛同とご支援をいただき、東北人魂は夏休み招待企画、ネットチャリティーオークション、東北サッカー未来募金PR活動など様々な活動を実施することができました。

 

さらに1月には岩手、宮城、福島の東北3県において各県サッカー協会及び地元サッカークラブと協同で小学生から高校生までを対象としたチャリティーイベントを開催することができました。「生まれ育った、お世話になった東北サッカー界の皆さんと手を取り合い、東北の子供たちとふれ合い、直に交流することで少しでも東北サッカーの復興に寄与したい」という会員選手たちの気持ちから生まれた企画でしたが、このイベントを期に会員選手たちからは「会自体は存続させて、これからも出来る範囲で活動を続けたい」という声が多く聞かれました。

 

このため今後も東北人魂は会として存続し、各所属クラブの許可と協力を得ながら出来る範囲での活動を継続すると決定いたしました。今シーズンも東北人魂の活動を通して、東北サッカーの未来のため、ご協力いただければと思います。

 

活動期間:

現行の2012年3月31日までを1年間延長

 

会員・協力選手:

東北出身、または東北地方に縁があり、Jリーグでプレーした経験のある現役サッカー選手

 

活動の趣旨:

東北サッカー協会と連携しながら、日本サッカー協会、Jリーグ、所属クラグ及び東北六県のサッカー協会と協力し、東北サッカー復興の支援活動を行う。

 

今後の予定:

Jリーグ公式戦での招待企画の継続、被災地でのサッカーグラウンド整備への協力、シーズンオフイベントの継続など。